皮膚の切除やレーザー除去などの方法がある入れ墨除去

どんな方法があるのか

医者

範囲によって異なる

若い頃に、ついオシャレだからと言って、入れ墨を入れてしまいますと、後々大人になって苦労する事が多々あります。そんな人におすすめなのが、入れ墨除去です。入れ墨除去は、入れ墨を入れている範囲や、デザインによって、色んな方法があります。まず、痛みを少なくして、料金も抑えたいという人は、レーザーを使った治療がおすすめです。入れ墨に直接レーザーを当てて、色素を消していきます。そして、確実に入れ墨除去をしたいと言う人は、切除治療という方法があります。施術そのものも、1回で済みますので、さっと治療をしたいと言う人におすすめではありますが、皮膚を切除しますので、再生に時間は掛かるでしょう。背中全体に入れ墨を入れてしまっているなど、とにかく範囲が広範囲だと言う人には、皮膚移植手術や削皮治療が適しています。これらの入れ墨除去は、確実に入れ墨を除去する事が可能です。皮膚移植手術は、他の部分の皮膚を使って、入れ墨部分の皮膚を除去して移植する手術です。縫合手術になりますので、回復に時間が掛かるという特徴があります。削皮治療は、皮膚の表面のみを切り取って、入れ墨除去する方法になりますので、広範囲の入れ墨除去に適してはいますが、場合によってはアザや火傷のような跡が残る可能性もあるでしょう。入れ墨は入れている範囲等によって、色んな治療方法があります。除去を考えている人は、まずは美容皮膚科に行って、相談をするようにしましょう。