皮膚の切除やレーザー除去などの方法がある入れ墨除去

医者

どんな方法があるのか

入れ墨除去には色んな方法があります。入れ墨を入れている範囲や形などによって、治療方法も異なります。入れ墨除去を考えている人は、まずは美容皮膚科に行って、カウンセリングをきちんと受けるようにしましょう。

タトゥー

美容整形皮膚科で解決

入れ墨除去を行うなら美容整形皮膚科を利用することをお勧めします。美容整形皮膚科ではレーザーを使用した入れ墨除去手術を行っています。手術による負担が少なく数回の通院で入れ墨除去を行うことが出来るのでお勧めです。

女の人

タトゥーが除去できる施術

入れ墨除去の施術には様々な方法があるため、医師と相談した上でタトゥーの色やサイズに合わせて最適な施術方法を選ぶ必要があります。麻酔や内服薬などを利用して痛みを抑えることができるため、安心して受けることができます。

レーザーや移植

刺青

入れ方で異なる手法

現代のファッションでは、洋服やアクセサリーなど体の外につけるものが多いです。でもそれ以外には、体に直接模様をつける方法があります。古くから行われていた方法で、入れ墨、タトゥーといわれることもあります。単に肌に塗りつけているだけではないので、一度入れると洗っても取れません。ただ、取りたくなったときに容易に取れない問題もあります。入れ墨除去を行うには、まずは個人では行うのは無理です。表面に色が塗られているだけではないので、皮膚に何らかの外科的な作用をする必要があります。入れ墨除去のためには、一般的には美容外科などを利用します。皮膚の治療にも詳しいので、それぞれの人の入れ墨に合った方法などを提案してもらえます。比較的楽な入れ墨除去の方法として、最近はレーザーを使う方法があります。シミやほくろを取るのに近い方法で、痛みなども少ない場合があります。ただ、レーザーはすべての入れ墨に対応できるわけではありません。黒っぽい色で、あまり深くまで入っていない場合に選べる方法です。黒以外や深くまで入っているときは、他の方法を選択しないといけません。レーザー以外では、皮膚を削ることで行う場合、他の部分から移植をする場合、入れ墨部分を切り取って縫い合わせる方法があります。すぐに取ることができる入れ墨除去としては切除の方法がありますが、切って縫いますから入院などが必要になる場合があります。1回で終わるわけではなく、一定期間かかることもあります。